TOPICS トピックス

【美容室】最近のカラー、種類が多過ぎてよくわからない!

2021.10.08
その他 52

こんにちは

storage総合職の吉野です(^^)/

 

N°グループのカラーコンセプトである

女子度MAXの透明感ベージュ

流行の高彩度系

 

他にも

#外国人風 #透明感 #抜け感 #ダメージレス #ケアカラー

など、今やカラーはお客様それぞれのこだわりを持ってオーダーされる方が多いのではないでしょうか?

 

 

そんな風潮に合わせて、ここ数年でカラー剤が進歩したことで、表現できるカラーの幅が豊富になりました。

 

実は今更、『種類が沢山あって、何が違うのか分からない…』なんて方は必見です!

 

今回はそれぞれのカラーの特徴をご説明致します*。

 

 

はじめに

 

 

流行色(トレンドカラー)っていつ決まってるの?

毎年流行色がありますが、実は流行色って2年前から選定されています!!

そこからさらに日本向けのカラーやカラー以外にも、素材、シルエット等のトレンドの発表が選定され、アパレルメーカーの展示会や雑誌で取り上げられるんだそうです♪

さすがに2年前だとは思いもしませんでした(゜o゜)!

 

流行色とヘアカラーの関係

では、流行色がどのようにしてヘアカラーに落とし込まれているか?

 

それはアメリカのニューヨークコレクションや、ヨーロッパのパリコレクションなど、

その年のトレンドを発表する場所周辺にある、有名な美容室で作られたヘアスタイルからということが多いです。

 

有名美容室での発信をキャッチして、カリスマ美容師やファッション関係者、有名人などがファッションに合わせてヘアカラーを変えていき、

雑誌やインターネットなどで取り上げられるようになり、

だんだんと「あのヘアカラーが新しくておしゃれ!」というように周りに浸透していきます。

 

このように、まず海外の有名都市などで新しいヘアカラーや髪型が流行ってから、

そのトレンドが時間差で周りの地域、そして日本でも流行るという流れとなっています。

髪質の違いなどから、できないヘアカラーもあるので、

日本人向けにアレンジされた状態で「次の流行りのヘアカラーはコレ!」というように、メディアなどで取り上げられるようになるというわけなんです。

 

 

それぞれのカラー剤の特徴

イルミナカラー

 

これから紹介する各カラーブランドの中では、一番お客様にブランドが浸透しています◎

そんな、イルミナカラー最大の特徴は【ダメージを最小限に抑える】こと!!

世界特許取得“マイクロライトテクノロジー”が髪表面に潜む金属イオンを包み込み、化学反応の抑制。

これにより【圧倒的ツヤ感】が生まれます♪

 

また、髪の状態に配慮したイルミナカラーは、もちろんその手触りも違います!

髪の手触りの良さとはキューティクルの状態に左右されるのですが、イルミナカラーではキューティクルを傷めないためにツヤが出て、手触りも良くなるのです◎

 

さらに、日本人特有の髪の赤み・オレンジみ等から髪の透明度を高めるために、ブルーからバイオレットを色作りのベースに設定。

【透明感が高く】ナチュラルな色作りのベースを実現!!透き通るような外国人風のカラーになれます☆彡

 

 

アディクシーカラー

日本人特有の赤みのあるブラウンをかき消すことで、クリアな色味を可能に★

薬剤にブラウンの染料が含まれていないため、暗く染めても黒く感じにくく、透明感のある仕上がりが可能です*

アディクシーのカラー剤は3レベル~13レベルまで、幅広く用意されています。

深みのある透明感カラーにしたい方にはアディクシーカラーがおすすめ!色持ちも良いです◎

最近ではアメリカでも発売されたそうです。(日本処方とは異なる)

 

 

スロウカラー

スロウカラーとは、有名美容師さんが開発に携わった、

アッシュにこだわった、赤味消しに特化したカラー剤です!

 

最大の特徴は、なんといっても染まりあがりの赤味のなさ!

従来のカラー剤のブラウンベースの色味の作り方から、

ブルーベースの色味の作り方に変更しているカラー剤で、

とことん赤味のない色味を追求できるような使用になっています。

 

またカラー剤は油分を大幅に減らし、水分を最大限に増やす

【WATER RICH CREAM(ウォーターリッチクリーム)処方】を採用しています。

そのため染料が素早くしっかり髪になじむので、内部からの透明感のある発色が期待できます◎♪

 

他にも、【DUAL SILK COMPLEX(デュアルシルクコンプレックス)】という、

髪のキューティクルをケアする要素が含まれています。

これにより髪にツヤ感としなやかさがプラスされ、染めても綺麗な愛されヘアが実現するのです!!

 

ヘアカラー剤って独特な香りがして苦手!という方も多いと思いますがそんな心配もご無用です◎

ヘアカラー剤であるにも関わらずフローラル系の香りが仕込まれており、

カラーリングしている最中も、家に帰ってからもその優しい香りが続くように設計されています!

 

 

エヌドットカラー

「透明感のある」・「赤味を抑えた」いわば日本人のなりたいカラー

“外国人風カラー”を求める方へ、

エヌドットカラーはオレンジ褐色を少なく、青みを含んだ高彩度カラーです。

それによって透明感のあるくすみ感を実現出来ちゃいます☆彡

 

自然由来のシアバター、オーガニックハーブエキス配合うるおい・保湿効果抜群(^^)/

キレイな色は当たり前!!自然由来のやさしさで新体験の手触りを-♪

 

毛髪内部までより浸透性を高める【高発色のベースクリーム】、

髪のダメージホールを補修する【大豆PPT】や【フェザーケラチン】の効果でヘアカラーを固着、

そこへ染料を閉じ込める【ティントロックポリマー】で染料の流出を抑える!

キレイに染まるからこそ色持ちにもこだわってます◎!! 

 

N.カラーはInstagramやメディアでのブランディングに力を入れて売上を伸ばしていくことに成功しました!

 

 

イノアカラー

主成分の60%がオイルでできているイノアカラーは『オイルで染める』をコンセプトにしています。

 

この『オイルで染める』を実現するために、LOREAL(ロレアル)が特許を取得した【オイル・デリバリー・システム】と呼ばれる方法が採用されています。

 

従来のカラー剤は、髪の毛表面にあるキューティクルを開くためにアルカリ剤の力を主に利用し、キューティクルを傷つけることでヘアカラーの染料を浸透させていました。

その為、ダメージヘアの大きな原因となっていました。

 

それに対してイノアカラーは、ヘアカラー時にたっぷりと配合されたオイルが髪の表面に付着してキューティクルを守ります。(=キューティクルを傷つけない!)

 

このオイルが、オイルと水の反発関係を利用して水に溶けたアルカリ剤と染料を髪の毛内部に今までのカラー剤よりも少ない力で効率的に押し込みます。

 

この方法が【オイル・デリバリー・システム】なのです(^^)/

 

イノアカラーは主成分がオイルの為、仕上がりがツヤツヤになります☆彡

発色もとても良く、日本人が嫌う赤みや黄色みが出づらいカラー剤です◎(オイルグロス発色)

 

又、アンモニアが無配合の為、ヘアカラー剤特有の刺激臭がほぼありません!

 

多くの芸能人が発信していることも、N.と同じくメディアに力を入れています。

 

 

 

イゴラカラー

イゴラカラーはアミノセラミドという技術を使っています。

これは髪の酸化を防いで、髪の素地を強めながら染めていく技術です。

 

毛根や髪に優しい高浸透性のベースクリームを使っていること、

アミノ酸系の高機能エモリエント油剤が毛髪の内部で抱水性や補修効果を発揮してくれること、

アミノ酸系保湿剤などの含有成分が非常に高い保湿力を持っていることなどに由来しています。

 

施術自体のダメージが少ないだけでなく、髪がダメージを受けにくいように強くしてくれるという嬉しいメリットを持っています。

 

これらの作用によって、キレイな髪色が楽しめるだけでなく、カラーをしているのに髪がダメージを受けにくい状態になります☆彡

 

イゴラカラーは深みがある色合いを出したい人、髪にダメージを与えずにカラーを楽しみたい人、カラーの後にもツヤやなめらかさを求める人に向いています。

 

 

これらのカラー剤の弱点

 

「高明度、高彩度」が一番の特徴ですが、これらが弱点になることがあります。

 

高明度=明るい色

高彩度=はっきりとしたビビットな色

 

高明度→明るくするためにはアルカリが必要になります。それだけアルカリが強いということ。強ければ強いほどキューティクルを壊し、メラニン色素など多く抜き髪を痛ませてしまいます。

 

高彩度→目で見てわかるほどのハッキリとした色。ハッキリする色を出すためには明るさが必要です。明るくなればなるほど黄色味が出てきてパサつきます。

パサつくと痛んで見えるのでそこでまたカラーを繰り返して結果、悪循環、、、。

 

従来のカラー剤より明るくする力が強く、色も濃いです。

 

実際に上記のカラー剤で染め続けていった方の中で、明るさは変えてないのに色が抜けると以前より明るくなってしまった経験があると言った声も聞きます。

 

 

また、色落ちが早いこともよく耳にしますが、何故かはご存知ですか?

 

染料はブラウン系の色素が髪に定着しやすい、

すなわち、髪を染める際にはブラウンが基準になります。

 

色の定着が必要なので、ブラウン色がメインになってくるのはその為です。

 

従来のヘアカラー剤というのはブラウンを基本に 赤、青、黄と色を混ぜて作られています。

 

ですが、流行りの外国人風カラーは寒色系~中性色寄りで、そこにブラウンは必要ないです。

 

色落ちが早くなってしまっていることは否めませんが、

ただ弱点と一概にも言い切れず、色落ち過程さえも綺麗に退色していくとも言われています。

 

弱点については感じ方に個人差もありますので、あくまでも知識として参考にしてみてください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

美容師の皆様は自身が働くサロンにどんな商材があるかって物凄く重要な事だと思います。

それはお客様にとっても、薬剤の指定まではなくとも、『なりたいカラー』にしてもらうことは重要です。

【イルミナ】や【アディクシー】など、カラー剤の特徴も色選びに関係することなので、少しでも参考になれば幸いです(*^_^*)

 

冒頭でもお伝えしましたように、N°グループは透明感ベージュ/高彩度カラー等トレンドカラーの『セレクトショップ』なので、

これらの商材をどの店舗にも取り揃えております♪(※全てではありません) 

 

気になった方は 【JOB 募集職種】ページをぜひご覧になってみてください!!

LINEエントリーもお気軽にお問い合わせください☆彡

 

 

自分の可能性を切り開こう!

ご質問だけでもお気軽にどうぞ

自分の可能性を切り開こう!

ご質問だけでもお気軽にどうぞ