TOPICS トピックス

美容師が英語を話すことは当たり前!? 英語が話せる美容師になる方法を紹介します

2020.03.23
採用情報 225

こんにちは!Storageメディアチームです。

最近、街のいたるところで英語が飛び交っており、本当に外国人が増えましたよね。(渋谷とか都心はほとんど外国人かも?)

今回は、美容師がなぜ英語が必要になってきたのか、また、英語の習得方法をシェアできたらなと思います!

なぜ英語が必要?

理由1:外国人観光客/在日外国人が増えてきている!

近年、インバウンドの影響もあり、海外からのお客さんが増えているサロンも多いと思います。

旅行客だけでなく、日本に住み始めている外国人も年を追うごとに増えていますので、それに伴い日本のサロンで髪を切りにくる海外からのお客さんも増えいくことが予想されます。

海外のお客さんが日本のサロンで髪を切ってもらう際、英語が話せる美容師がいなくて対応に困った、うまくコミュニケーションが取れずに思い通りのヘアスタイルにならなかったという声をよく聞きます。

英語が通じて、アジア人以外の髪にも対応しているサロンはどこにあるのか?と聞かれることがよくあります。

海外のお客さんに対応できるサロンは、まだまだ少ないですが、これからの客層を考えた際、英語でのコミュニケーションがとれる美容師はどんどん増えてくると思います。

理由2:日本の技術は世界レベル!

こちらは意外と知らない人もいるかもしれません。

日本のカッティングの技術、ホスピタリティの高さは海外でとても評価されています。

器用なテクニックを持ち、お客様第一に考える日本の接客方法は世界で通用するので、将来、海外で美容師として羽ばたいてみたいと思っている方は絶対に英語を学んでおくべきです!

どんなにカッティングの技術や接客が良くても、コミュニケーションがしっかり取れない場合、海外で仕事をしていくには厳しいと思います。

よって、しっかり語学力はつけてから行きましょう!

英語力をつける最短の方法は?

では、どのように英語力を付ければいいのでしょうか?

ただでさえ仕事量が多く、練習などでプライベートの時間を確保しにくい美容師。

以降は、効率的な勉強法を紹介していきます。

方法1:オンラインレッスン

オンラインレッスンは、インターネット環境が整っている場所であればどこでも受けられるのでオススメです。

時間の確保が難しく多忙な美容師は、なかなかスクールに通えないという理由から、オンラインで英会話を学ぶことが効率的と言えるでしょう。

方法2: 外国人の友達をリアルでつくる

語学学習で最も大切なことはアウトプットでして、この機会が少ないと語学を上達させることは難しいです。

都内では、多くの場所でミートアップなどのイベントが行われています。

時間がある時にそのような場所に顔を出し、英語でアウトプットすることは英語の上達につながります。

方法3:留学に行く

正直、これが本当に手っ取り早く英語を習得できる方法です。

日本語が全く通じない海外に行くことで、四六時中英語を強制的に話さないといけなくなる状況を作ることができます。

そのような環境に身を置くことで、英語力が身に付きます。

現地の学校でしっかりと英語を学び、他国からの留学生や現地のネイティブたちと話すことで、英語力だけでなくコミュニケーション術も学べます。

しかし、金銭的に余裕がない、時間がないという人は現実問題多いですよね。

まとめ

Storageは、セブ島に「 社会人留学 」に特化した語学学校を運営しています。

Storageでは社員の英語力をサポートするため、英語学習だけでなく「 超実践的英会話 」を習得できる独自の習熟プログラムを取り入れています。

英語力をつけて、日本もしくは海外で活躍したい方!!

Storageでの就職・転職をお待ちしております。

お気軽に公式LINEまでお問合せください。

▶︎ Storage公式LINE(クリック)

自分の可能性を切り開こう!

ご質問だけでもお気軽にどうぞ

自分の可能性を切り開こう!

ご質問だけでもお気軽にどうぞ